• Go Works

販促業務全体を見直し、マーケティング部のエクセル業務を大幅削減。販促物の在庫レスを目指し、物流プロセス最適化にも着手。

ミズノ株式会社 様
ミズノ株式会社 様

ミズノ株式会社 様

スポーツ営業本部 東日本営業部 首都圏販売5課
担当課長 須田 啓司 氏

インタビュイーのご紹介

大型スポーツ店担当の営業マンに対し、システム見直し、物流の取りまとめ等の業務改善をご担当。Go Works導入時はマーケティング部と営業部の橋渡し役として、現在は運用担当として、サービスに携わって頂いております。営業部のお立場から、マーケティング部における業務改善状況についてお話頂きました。

課題と目的

導入前にお困りだったこと

・販促物数量のエクセル集計業務が煩雑で本来の企画業務に時間が割けない状況だった
・営業部、マーケ(事業部)部の両方で販促物を過剰発注しており廃棄が発生していた

導入した目的

販促製造にかかわる業務の見直し

Go Works導入前に抱えていた問題

販促物を作る際、マーケティング部のカテゴリー担当者(サッカー・陸上・卓球など)それぞれが、営業マンに必要数をヒアリングしているのですが、これまでエクセルを使って集計しており業務が大変でした。
具体的には、社内イントラに販促物の内容を掲載して数量を募るのですが、販促情報のデータがPDFだったりエクセルだったり、フォーマットもバラバラだったりと、そのままでは営業マンが数量を打ち込むことができません。そこで業務アシスタントが、統一フォーマットのエクセルに編集し直した上で、営業マンに担当店舗毎に数量を入力してもらうという流れでした。
集計業務も月1回の頻度であり、販促物点数は多い月で100点くらいあるためそれぞれに数量リクエストを掛ける業務も膨大でした。


*KMMS注:営業マンの数量入力方法もイントラ内にダイレクトに入力したり、上記のように部内で回覧したエクセルをマーケティング部へ渡したりなど担当者によってバラバラで、受け手のマーケティング部内では、それらを全てまとめたエクセルを作成する業務も発生しており、エクセル加工が何度も必要な状況でした。


また、営業がリクエストする数も個々の判断任せだったので、マーケティング側ではその妥当性を全て確認しきれていませんでした。
特に新店オープンや突発需要に備えた予備は、正確な数が見通せないため多めにリクエストされる傾向がありました。それら在庫は専用倉庫で管理していましたが、結局使われず廃棄することが多く、また倉庫内の棚卸も煩雑でした。

Go Worksを活用して変わったこと

最も工数削減できたのはマーケティング部側ですね。まず数量入力用のエクセルを作ったり、複数のエクセルを一つにまとめたりする作業が無くなりましたね。
販促物の数量を集めたい時は、コニカミノルタさんのスペシャリスト(※弊社常駐スタッフ)へ販促物品目リストを渡すだけでGo Worksのシステムに反映してもらえるので、以降の業務は全て代行してもらっています。
また今まで毎月行っていた販促物の募集も年2回にまとめることにしました。システム導入をきっかけに、業務手順も見直すチャンスにもなりましたね。
リクエスト数量の入力作業量はこれまでと変わらないので、営業マンにも受け入れられています。

それから、Go Worksを入れることによって在庫や配送の運用も見直すこともでき、販促物手配全体が最適化したと思います。
2か所あった予備販促物の専用倉庫を1か所にまとめました。一部、印刷会社からの直送対応にコニカミノルタさんに切り替えてもらったので、横持ちや在庫費用も低減しています。

在庫しない代わりに、どうしても販促物が必要になった場合は、小ロットで製造オーダーできる仕組み(commerce)も今後運用予定と聞いているので期待しています。

Go Worksへの期待

店舗の閉店・新店情報のメンテナンスもコニカミノルタさんに協力頂いていますが、営業マンの情報を素早くキャッチアップして、精度を上げていく必要がありますね。
またシステムは問題ないのですが、全国の営業マン(約70名)にシステムを浸透させるまでに時間がかかりましたね。
そこもコニカミノルタマーケティングサービスに一貫してサポート頂いたので、予想よりも早く運用が軌道に乗ったと思っています。コニカミノルタ“ミズノチーム”として一丸でいつも迅速に動いてもらっていておりとても助かっています。

担当者のコメント

ミズノ様には2018年4月より弊社サービスを導入頂きました。単なる販促物のコスト削減だけでなく、販促物数量募集~入力フローも早々に改善して欲しいとのご要望を頂き、まずは弊社で業務巻取り→Go Worksへの最適な落とし込みを行った結果、順調にご活用頂いてます。
とはいえまだまだ改善の余地が残されていると感じており、今後ミズノ様のご意見・ご要望を参考にGo Worksのアップデートを行い、ミズノ様がノンコア業務から解放される一助となりますよう努めて参ります。

↑