勘と経験による棚割変更から脱却!
見える化データで売上アップ

大手日用品メーカーA社様

売上規模:1,000億円~1兆円

従業員数:1,000名~10,000名

Go Insightを活用し棚割変更の効果を定量的に証明

導入前
お困りだったこと

  1. 棚割変更による効果を定量的に示せていない
  2. 流通様へ根拠ある説明が出来ていない

導入後
改善がされたこと

  1. POSデータだけでは分からない、棚割変更の効果を定量的に証明
  2. 根拠あるデータで流通様へ棚割提案

GoInsightにより
商品の接触回数を可視化

大手日用品メーカーA社様は、棚割変更による効果を定量的に示せておらず、流通様へ根拠ある説明が出来ていないことが長年の課題でした。

そこでGoInsightを導入して、関東地方のドラッグストアにて約2,000名規模のリサーチを実施、棚割変更前後の商品への接触回数を測定しました。

その結果、商品への接触回数は+40.7%と大幅に増えており、商品への興味・関心の度合いが高まっていることが証明できました。これは、従来のPOSデータのみでは取得出来なかった情報です。

商品の接触回数が分かれば
コンバージョン率の増減も分かる

商品の接触回数が分かることにより、コンバージョン率の変化も明らかになってきました。今回の事例では、棚割変更前よりも棚割変更後の方が商品購入回数・商品接触回数共に増加しているものの、コンバージョン率(CVR=商品購入回数/商品接触回数)が-5.5%と減少していることが明らかになりました。CVR向上という新たな課題も発見することが出来たのです。

マーケティングでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください