2021.09.02

【note】行動を制する者が棚割を制す!~棚割最適化と棚前行動理解の奥深い関係~

【note】行動を制する者が棚割を制す!~棚割最適化と棚前行動理解の奥深い関係~

弊社マーケティングデータコンサルタントの清水がnoteに記事を執筆いたしました。スーパーやドラッグストア等の小売店舗における棚割業務について、深堀りし課題や解決のヒントとなるような内容を掲載しております。以下簡単に内容について触れさせていただきます。

棚割業務とは、インストアマーチャンダイジング(In-store Merchandising=ISM)の文脈において「シェルフマネジメント」と呼ばれ、商品特性に応じ最適な配置や陳列を行なう業務です。
一般的なチェーンストアにおいては、いわゆる「棚割ソフト」を活用して日々の業務を行っているケースが多いようです。

棚割業務にあたる方は主にスーパーやドラッグストアなどのチェーンストアにおける店舗棚割担当者様や、飲料品・食料品・日用品等のメーカーにおけるブランド担当者様が多く、それぞれの立場で日々の棚割を検討されています。
こちらのnoteをご覧の方の中にも、実際に業務にあたられている、またはその業務を管理したり、効率化を管理するソリューションベンダーの方も多い事でしょう。

みなさんこの棚割業務を効率的にしたい、改善したい、最適化したいと日々考えられているものの、実現できていないのが現状のようです。弊社に寄せられるご相談の中でも多くの割合を占めている印象です。

ご相談の過程でお話をお伺いすると、主にこの棚割最適化の課題は以下の3点に絞られます。

・データが管理しきれていない(情報化の課題)
・要因が多すぎる(分析の課題)
・勘と経験による業務(属人化・後継者不在の課題)
順に整理して解説します。

続きはnoteの記事をご覧ください。

棚割業務とは、インストアマーチャンダイジング(In-store Merchandising=ISM)の文脈において「シェルフマネジメント」と呼ばれ、商品特性に応じ最適な配置や陳列を行なう業務です。
一般的なチェーンストアにおいては、いわゆる「棚割ソフト」を活用して日々の業務を行っているケースが多いようです。

棚割業務にあたる方は主にスーパーやドラッグストアなどのチェーンストアにおける店舗棚割担当者様や、飲料品・食料品・日用品等のメーカーにおけるブランド担当者様が多く、それぞれの立場で日々の棚割を検討されています。
こちらのnoteをご覧の方の中にも、実際に業務にあたられている、またはその業務を管理したり、効率化を管理するソリューションベンダーの方も多い事でしょう。

みなさんこの棚割業務を効率的にしたい、改善したい、最適化したいと日々考えられているものの、実現できていないのが現状のようです。弊社に寄せられるご相談の中でも多くの割合を占めている印象です。

ご相談の過程でお話をお伺いすると、主にこの棚割最適化の課題は以下の3点に絞られます。

・データが管理しきれていない(情報化の課題)
・要因が多すぎる(分析の課題)
・勘と経験による業務(属人化・後継者不在の課題)
順に整理して解説します。

続きはnoteの記事をご覧ください。

おすすめ記事

↑