データサイエンティストのアドバイスでクレーンの需要予測精度の大幅な改善を実現

株式会社タダノ 様
株式会社タダノ 様

株式会社タダノ 様

写真右から
株式会社タダノ マーケティング部 市場開発グループ(市場分析)
アシスタントマネジャー 経営学修士(MBA)木村 洋一郎 氏
コニカミノルタマーケティングサービス(株)  カスタマーサクセスグループ アカウントエグゼクティブチーム 鍔本 朝子

プロジェクト概要

Go Analytics 導入前の課題

限られた社内リソースの中で予測精度の向上に向けた試行錯誤に限界を感じていた

私はマーケティング部の市場分析を行うチームで販売統計、需要予測、顧客満足度調査をはじめとした各種リサーチを担当しています。その中でも製品の需要予測は経営におけるインパクトが大きく、予測精度向上を重要課題として取り組んでおりましたが、統計学を本格的に学んだ事やリサーチ会社での予測業務に携わった事もないなか、限られた社内リソースによる試行錯誤の取り組みに限界を感じていました。

そんな中、販促領域における業務効率化の一環でコニカミノルタマーケティングサービス(株)から販促のスペシャリストの方を派遣頂いており、普段弊社のオフィスにて一緒に働いてもらっていますが、その販促スペシャリストの鍔本さんから同社でデータの分析、活用をアドバイスするサービスがあるとの話を聞き、データサイエンティストの方をご紹介いただくことになりました。

Go Analytics活用の決め手

実際に業務で使用するデータを見ながらデータサイエンティストに直接アドバイスを受けられる

データサイエンティストの方をご紹介頂き、需要予測の精度向上の件についてご相談をさせて頂いたところ、実際に小売店での商品の需要予測等のご経験もお持ちということで、すぐに私達の現場の業務に活かせそうと感じました。一方で社内的には予算の制約もありましたので、まずはトライアルとして中東地域の製品の需要予測の精度向上に向けたアドバイスをお願いすることにしました。

私自身は以前大学院で経営学を学んでいた際に統計の威力に衝撃を受け、そこで得た知見をベースに試行錯誤で予測精度の向上に努めてきましたが、授業で学んだ手法がそのまま業務で活かせるわけではありませんでした。今回実際に日々業務で使うデータを一緒に見てもらいながら、その場でデータサイエンティストの方にアドバイスを頂けたのは非常に効果的でした。データサイエンティストから頂いたアドバイスをもとに新たな手法を投入し実際に使用してみる、そしてそのフィードバックをデータサイエンティストの方にお戻しするという往復を、何度かさせて頂きました。

プロジェクトの結果について

プロジェクトの中では、需要予測を重回帰分析だけでなく、過去の実績値との乖離の大きな部分にFlagと呼ばれる個別の変数を適用することで精度を大きく向上させる事ができ、すぐに結果を出すことが出来ました。データサイエンティストの方に良き相談相手になって頂いたことで、トライアルの結果として予測の精度を表すR2を63%から90%まで大きく改善することが出来ました。

<既存の需要予測値とプロジェクト後の新予測値の対比>

想像以上の結果を出せたことで社内の理解も得ることが出来たため、今年は対象地域と製品を増やした上、改善のためのアドバイスに留まらず、モデルの修正そのものも一気通貫でお願いすることが出来ました

今年のプロジェクトでは、実際に手を動かしていただくところまでデータサインティストの方にお願い出来たので当社側の工数を大きく削減でき、且つ精度向上のために用いた具体的な手法も丁寧に解説頂き、個人やチームとしての力量アップにも繋がりました。

プロジェクトの結果を受けた今後の取り組み

データサイエンスのプロとタッグを組むことでコア業務に集中出来る環境作りが出来た

弊社のような建設機械を扱うBtoBの企業の販売データはビッグデータとは比べ物にならない「ベリー・スモール・データ」ですので、予測モデルで試算した結果をもとに最終的に人の手で調整を行う必要があります。ベースライン予測算出のためのモデリング等、データサイエンスのプロに任せた方が良い部分はプロにお任せしつつ、私たちは出てきたアウトプットをもとに、最終的な意思決定を行う部分にリソースを集中していきたいと考えています。

今回のプロジェクトで主力としている製品群全体の需要予測の精度を高めることが出来たため、現在は細分化したセグメントの需要予測を進めており、開発機種や生産機種の絞込みにも活用出来るようにしていきたいと思っています。

GoAnalyticsの導入を検討している企業へアドバイス

データサイエンティストというと、費用面的にもハードルが高く遠い存在に思われがちですが、コニカミノルタマーケティングサービス(株)ではデータサイエンスにまつわる相談から今回のスポットでのコンサルティング対応まで、私達のニーズに沿った最適なプランの提案をいただき、伴走をしていただくことが出来ました。またその結果として、試行錯誤や自助努力では得ることが出来ない結果を得ることが出来、大変満足しています。

「うちはデータサイエンティストを入れる程のデータ量はないから・・・」と諦めずに、当社のようなBtoB企業のベースライン予測など、データ量が少ない需要予測でお悩みの企業様も一考の価値があるサービスだと感じています。

↑