顧客購買を定量的に把握
ロケ・季節別の違いを明らかに!

大手飲料品メーカーC社様

売上規模:1,000億円~1兆円

従業員数:100名~1,000名

Go Insightを活用し売場のショッパー行動を定量的に分析

導入前
お困りだったこと

  1. ロケーション別・季節別の顧客購買行動の違いが定量的に理解できていない
  2. 売場に設置しているPOPの有効性を知りたい

導入後
改善がされたこと

  1. ロケーション別・季節別にリサーチを実施する事で購買客属性や購買行動の違いを定量的に導出
  2. POPの有効性に対する示唆を提起

ロケ別・季節別にリサーチを実施
購買客属性や購買行動の違いを導出

大手飲料品メーカーC社様は、自社・他社商品の購入者の属性や、購買行動(滞在時間や商品購入までの時間、等)を定量的に把握できていないことが課題でした。

そこでGoInsightを導入して、飲料売場において約10,000名規模のリサーチを実施、商品の購入者属性や購買行動の定量的な把握に努めました。その結果、これまで理解できていなかったショッパー理解が具体的に可能となりました。

さらに、売場のロケーション別、季節別にもリサーチを実施。ロケ別・季節別の商品の購買特性が詳細に明らかになり、商品の開発やプロモーション施策などに活かす「学び」を得る事ができました。

売場、チャネル、季節、地域、…
様々な「違い」を定量的に比較

売場やチャネルなどのロケーションが異なると、商品の購入に対するショッパーの行動も大きく変わってくるはず・・・。

店舗の地域やカテゴリ分類によっては同じ商品でも購買層が異なりそう・・・。

感覚として理解できていても、定量的にどれぐらい変わるのか、そもそも何を定量的な数値として比較するのか、なかなか明確にできていないマーケターの方も多いのではないでしょうか。

今回のリサーチでは、ロケ別・季節別に、購買層(性別・年代)の違いや滞在時間の違い、購入が多い商品カテゴリや迷いやすい商品カテゴリなどを導出し、定量的な数字で判断をしました。

このようなリサーチは様々なシチュエーション比較で実施可能になると考えられ、流通チャネルによる違いや、地域による違いなどの把握に活用することが可能です。

マーケティングでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください