メッセージメインイメージ

代表挨拶

マーケターのノンコア業務からの解放とコア業務の強化

AIやIoTといったテクノロジーの急速な発達と共に、ウィズコロナ・アフターコロナへの適応や少子高齢化に伴う慢性的な労働力不足に直面している日本企業は、これまで以上に変革を求められています。特に、日本企業の営業・マーケティング部門は属人的且つアナログ的な対応がいまだに残っており、変革の余地がとても大きいと感じております。アジャイルに商材を開発し、データを活用しながら的確に世の中に広めていく、データドリブンなマーケティングが経営の観点からも必要とされています。

しかし、現実のマーケターの業務は雑務(ノンコア業務)に追われ変革どころではありません。人手不足、他部門やパートナーとの調整、増え続けるデータの整理、エクセルへの入力など雑務に追われています。これは私どもがお客様へサービスを提供する際に間近で見てきたことであり、同時にコア業務に全力投球できないマーケターの苦闘も見てきました。

マーケターのコア業務の強化のためには、まずはマーケターの日常業務からのノンコア業務の解放が必須と強く信じるようになりました。同時に、営業・マーケティング部門や店舗のデータの構造化やデータ分析を通じたコア業務(営業力)の強化も必要であると考えています。

マーケターのやりたいを実現しつくす

当社はこのノンコア業務からの解放とコア業務の強化を実現する、マーケティング領域に特化したBPaaS企業です。多くの企業にスペシャリストが常駐することで、現場のマーケターの業務やプロセスに精通するだけでなく、身をもって現場の課題を体験しています。 同時に、コニカミノルタのAI、IoTを専門とするエンジニアやデータ分析者が多く在籍しています。この2つの特徴を融合し現場のリアルな課題点をサイエンスの要素を持ち込みながら解決していく新たなプロセスを確立しました。

このプロセスにより、一人でも、一つでも多くの現場のマーケターのやりたいを実現できる仕組みを提供しています。

新しい成長の仕組みつくり

当社のミッションはマーケティングの側面から企業を下支えすることであると思っております。マーケターがコア業務に集中する環境を作りたい。そして新たにサイエンスの要素を活用しながらイノベーションを起こすお手伝いをしたい。「お客様の成長にとって、なくてはならない唯一無二の存在(Black Sheep)」を目指し、現場第一の考えのもと、従業員一同歩んで参ります。

2022年4月
コニカミノルタマーケティングサービス
株式会社
代表取締役 中村 頼之

↑