売れる店舗の秘訣をデータ化します

日本における購買の94%は未だリアル店舗。
ECだけでなくリアル店舗の施策改善が急務です。
Go Insightで棚前での行動を分析することで、
棚割の最適化や立ち寄る人の情報を店頭での販促支援につなげます。

流通・小売業者様にお勧めする理由

トラフィック解析や棚割、販促の効果検証ができるので、
売り場動線の最適化や棚割の最適化が可能です。
バイヤーや店舗スタッフの負荷を軽減する事ができます。
店舗に特化した知見を持つ弊社スペシャリストが
お客様の店舗DX化をご支援いたします。

Go Insightでできること

棚割の最適化

陳列Aと陳列Bはどちらが効果的?
A/B分析によってどのような棚割が売上を最大化できるか検証します。
ショッパーがどんな棚割を求めているか、どんな棚割だと迷いやすいかをデータ化し、最適化します。

  • 店舗DX支援

販促物の最適化

本当に自社の販促物が起因して購買行動が起きているのか、目を引く販促物の特徴はなにか、など、データを元に分析します。

  • 店頭戦略の強化支援

トラフィック量の可視化 [オプションサービス]

ショッパーのトラフィック量を計測、可視化することで、売場における「要チェックポイント」を見つけだします。

  • Traffic Insight(店舗トラフィック解析)

Go Insight関連セミナー

noteはこちら

↑